作詞 井上秋緒 

作曲 浅倉大介 

編曲 浅倉大介 

歌  T.M.Revolution 

 

歌詞轉載  http://tw.knowledge.yahoo.com/question/question?qid=1508121908935


触れてても 冷たい指先
凍り付いた 月に照らされて

ひび割れた心が
燃え尽きる夜を抱くけど
一瞬の彼方で 煌めいた想いが
愛なら 幻にしてみせて
放つ光 空に墜ちる
望むだけの 熱を捧げて
死に逝く星の 生んだ炎が
最期の夢に 灼かれているよ


降り積もる 罪は優しさに
刺は微笑に 変えてゆけるなら

散る間際の花の
届かない叫びにも似た
祈りの儚さが 求める切なさが
二人の 出逢った時代(とき)を揺らす
嘆き 光 波にのまれ
痛みの中 君は目醒めて
傷つけながら 出来る絆が
孤独を今 描き始める


注ぐ生命 刻む羽根で
君よどうか 僕を包んで
光はまた 空に堕ちる
望むだけの 熱を捧げて
崩れ落ちゆく 過ちの果て
最期の夢を 見続けてるよ

 

即使觸摸卻依然冰冷的指尖
被凍結的月光照亮
四分五裂的心
即使擁抱燃燒殆盡的夜晚

在瞬間彼方 閃耀的夢想
如果那是愛的話 就化為幻影讓我看看吧

放出的光輝 降落至空中
獻上祈願才有的熾熱
自步向死亡的星球中 誕生的火炎
將最終之夢燃燒殆盡吧

罪惡溫柔的降下並堆積
如果尖刺也能轉變成微笑的話
跟花朵散落瞬間
發出的無人聽聞之慘叫雷同

祈禱之虛幻 追求之悲切
搖憾著兩人相逢的時代

歎息的光芒 被潮流吞噬
在傷痛之中 你開始覺醒
在刻下傷痕時締結的牽絆
現在 開始描繪出孤獨

用注入生命刻劃出的羽翼
請妳就此包容我吧
光芒依然 朝天空降落
獻上祈願才有的熾熱


在過度崩毀的盡頭
繼續做著臨終之夢吧

kasahara 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()