歌詞&翻譯   皆載自  乐园之扉——梶浦由记中文网



雨(あめ)に打(う)たれた街(まち)の空(そら)には
待(ま)ちわびていた夜明(よあ)け
夢(ゆめ)より少(すこ)し小さなものを
鞄(かばん)に詰(つ)め込んで

今(いま)始(はじ)まるよ
自分(じぶん)の歩幅(ほはば)でパレード
小(ちい)さな靴音(くつおと)届(とど)くといいな
泣(な)いて笑(わら)って
君(きみ)に

昨日(きのう)失(な)くした大事(だいじ)なものが
明日(あした)を照(て)らす灯(あか)り
一(ひと)つ向(む)こうの知(し)らない路地(ろじ)へ
迷(まよ)い込(こ)んで行(ゆ)くよ

夢(ゆめ)を見(み)ようか
少(すこ)し大胆(だいたん)な気分(きぶん)で
明(あか)るい景色(けしき)を描(か)けるといいな
今日(きょう)の絵(え)の具(ぐ)で
君(きみ)と

見慣(みな)れた寂(さび)しさ、未来(みらい)への高度(こうど)
この指(ゆび)で鳴(な)らす草笛(くさぶえ)の温度(おんど)
間違(まちが)えた道(みち)で君(きみ)の手(て)を取(と)って
風(かぜ)吹(ふ)く丘(おか)へ

雲(くも)の隙間(すきま)で瞬(まばた)いたのは
昔(むかし)飛(と)ばした夢(ゆめ)の飛行機(ひこうき)
Just say good-bye

口笛(くちぶえ)高(たか)く街(まち)の空(そら)には
涙(なみだ)に濡(ぬ)れた夜明(よあ)け
永遠(えいえん)よりも儚(はかな)いもので
世界(せかい)は出来(でき)ていた

何処(どこ)へ行(ゆ)こうか
解(と)き放(はな)たれた哀(かな)しみが
空(そら)の高(たか)みへと消(き)えて行(ゆ)くような
眩(まぶ)しい季節(きせつ)
君(きみ)と

楽園(らくえん)へ続(つづ)く僕達(ぼくたち)の航路(こうろ)
ひたむきに笑(わら)う、それだけの勇気(ゆうき)
産声(うぶごえ)と共(とも)に戻(もど)らない日(ひ)々へ
僕達(ぼくたち)は漕(こ)ぎ出(だ)していた

高波(たかなみ)のように押(お)し寄(よ)せる未来(みらい)
クロールで超(こ)える運命(うんめい)の領土(りょうど)
鮮(あざ)やかに大胆(だいたん)に駆(か)け抜(ぬ)ける迷路(めいろ)
泣(な)いて笑(わら)って
君(きみ)と

雨(あめ)に打(う)たれた君(きみ)の心(こころ)
待(ま)ちわびていた夜明(よあ)け

 


翻譯


雨水打濕了的小城的天空
拂曉在焦急的等候
將比美夢稍微小巧點的東西
滿滿的塞入包中

現在要開始了喲
按自己步幅行走的大遊行
連輕小腳步聲也能讓你聽到就好了
讓哭泣著 微笑著的你
聽到

昨日失去的寶貴之物
會幻化為照亮明天的燈火
向著彼方一條不知名的小巷
猶疑著前行吧

一起看看夢境嗎
微微壯起膽量
能夠描繪出光明的風景就好了
用今天的畫具
和你一起

司空見慣的孤寂 向著未來的高度
指縫間鳴響的草笛的溫度
在差錯的路途之上 緊握你的手
走向輕風拂過的山丘

雲隙間閃爍著的
是曾經展翅的夢想飛機
Just say good-bye

口哨高鳴的小城的天空
是被淚水濡濕的黎明
比恒遠更為無常的東西
世界 由此誕臨

去往何處呢
那獲得釋放了的哀傷
似乎即將消逝在天空的高處
在那耀目的季節
與你一起

通往樂園的航路之上
我們真誠的微笑著 僅憑這勇氣
向著同呱呱墜地之聲一樣再也無法回返的時光
我們揚帆起航

如巨濤般洶湧而至的未來
奮泳穿越了命運的領地
優美而大膽的超過迷宮
與哭泣的 微笑的你
一起

被雨水打濕的你的心啊
是焦急等待著的黎明

kasahara 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()